一眼とコンデジの間の人たち

https://morippy.wordpress.com/

(元記事はこちら。画像付きで見やすいと思います)

というわけで、だいたいここまで話すとコンデジとミラーレスとレフ機の違いをわかってくださり、

「じゃあ私はこれで探すわ!」ってなって下さるお客様が多かったんですけど

「一眼が良いのはわかったけどやっぱ重テーよ。ミラーレスも無理。でもボケください」

と、一筋縄ではいかないお客様もたくさんいらっしゃいました。

そういう方には"高級コンデジ"なるものもあります。

CanonはGシリーズ。

Nikonは先日発表になったDLシリーズ。

SONYはRXシリーズ。

PanasonicはLXシリーズ。などなど。

それぞれの特徴は「コンデジなのにセンサーがわりとでかいし、レンズはf1.8とかのレベル」ということ。レンズの付け替えのできないまぁちょっとした一眼みたいな位置付けです。でも小さい。

そしてこの辺はズームがあまりできないことだけ念頭においてください。

夢の国のパレードとかは最前列で撮ってください。じゃないと米粒。

なかでもすげえなっていうのはSONY RX1シリーズ。

コンデジなのにセンサーはフルサイズです。

でも値段は20万くらいします。一眼買える。

なかでも値段にして人気だったのはRX100ですね。

センサーは1型でfは1.8。しかもカールツァイスっていうちょっと良いところのレンズを使っています。これ4万円弱。もうすぐ販売終了かと。

すみませんSONYユーザーなのでSONY推しになっちゃってますよね。w

あと逆の意味で間違えられるのはネオ一眼というもの。

Nikon coolpix p900

こうやってですね、コンデジと同じ名前がついててこういう出で立ちなのは超望遠間で撮れるコンデジなんです。

結構間違えてる人いらっしゃいます。

確かにセンサーはほーーーーーんのちょびっと大きかったりレンズがf2.9まで行ったりするものもありますがこれはコンデジです。

どういう方が使うかというと、一眼で望遠ってめちゃくちゃ金かかるんですよ。

白い大砲みたいなレンズありますよね、あれくっそ高いし重いんです。

センサーを諦めてそこを改善するのがこのシリーズだと思ってください。

要するにめちゃくちゃ遠くを撮りたい人。

野鳥撮ったり月を撮ったりする人ね。

あとこんなにかわいい一眼もあります。

PENTAX QS-1

まじちっちゃくてかわいいです。センサーもちっちゃくて、職場の先輩に

「レンズ付け替えられるコンデジだよ」って言われてたんですけど、僕は写りとか好きでしたよ!

このサイズでこんだけとれればええやん!って思いました。

とかとか!

カテゴリーで考えすぎると用途にFITしたものは選べないので、ゆっくりじっくり触って考えてみてくださいね!

morippy music 本館 http://www.morippymusic.com/


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
LUMINANCE - hiroki
00:00 / 00:00
  • Facebook Black Round
  • Instagram Black Round
  • Twitter Black Round